• 石川加奈子

実は性犯罪は顔見知りによる犯行が多数。どうやって我が子を守ればいい?

基本的に子どもにとって大人は、「信頼できる人」「自分を守ってくれる人」であり、「自分に危害を加えるような悪い人」とは認識していないと思います。


また、自分がされていることが、おかしいことなのか、間違っていることなのか、の判断もつかない場合も多いと思います。


hitomomoでお話を伺った方の中にも、被害に遭った当時子どもだった方は、自分がされている行為が「普通じゃない」「何かおかしい」と感じつつも、信頼している人が加害者だった場合、「気のせいなんじゃないか」「勘違いだ」と思い込もうとされていました。


今回ご紹介している記事では、子どもを性犯罪から守るためにも正しい性教育が必要であると述べていて、まさにその通りだと思います。


また、正しい性教育を受けていないと、「悪いこと」と認識せずに興味本位で子どもが「うっかり加害者」になってしまう可能性もあります。無自覚に加害者になってしまうことも防ぐためにも、早い段階から子どもの成長に合わせて適した性教育が必要ですね。


https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_BabyCalendar_17739/

最新記事

すべて表示

教師の男が『男性への性犯罪』...被害者"300"人以上か(FNNプライムオンライン)

2017年6月に性犯罪に関する改正刑法が国会で可決・成立し、なんと110年ぶりの大幅改正ということで、当時は大きな注目を集めていました。 改正点のひとつとして、これまで女性に限っていた強姦罪の被害対象者が性別を問わない形となり、数字上は2017年から「強制性交の認知件数」に男性も含まれるようになりました。あくまでも「認知件数」に過ぎませんが、2017年は15人、2018年は56人、2019年は50

サイトの更新通知をメールでお届けします
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • Facebook ホワイトアイコン
  • Instagram ホワイトアイコン
  • YouTube ホワイトアイコン